コンサルタント直伝!単品リピート通販業界で成功する重要な5つの事とは

商品を開発する前にその商品訴求にニーズがあるか、競合他社のリサーチが必須

総合通販の場合は、さまざまな商品を取り扱っています。一方で単品リピート通販というのは、特定の商品しか取り扱いがありません。1つの商品だけに絞って販売することで、無駄なコストを省くことにつながります。

またリピートという単語が入っている理由は、消耗品を販売するからです。例えば家具などの商品であれば、1度購入したら何年も買い替えることはありません。一方でサプリメントなどであれば、同じ商品を1か月ごとに定期購入する方も多くいます。そのような定期的に購入する商品を販売することで、単品リピート通販は確実に顧客を増やしていける可能性があります。

実際に単品リピート通販の商品を開発する場合、1つ注意しなければならない点が存在しています。その注意点というのが、商品を開発する前にニーズがあるのか調べる必要があることです。例えば競合他社の成分の内容について考えるようにしましょう。競合他社の状況を考慮することで、需要があるのか特定の商品だけで商売が成り立つのか整理しやすくなります。

OEMのメリットとは?単品リピート通販用の商品開発する時について

2018.05.12

また競合他社の状況を調べるメリットの1つが、価格戦略を考慮できるという点です。同じような商品を販売する場合、商品の効果・効能も大切ですが価格も大きく影響してきます。ライバルを出し抜いて、どのくらいの価格で販売するのが妥当なのかという点を含めて、状況を分析するようにしましょう。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
商品を作って、売り出すとライバルが多すぎて身動きが取れない場合も。

SWOT分析について

リサーチを行ううえで注目すべきポイントの1つに、SWOT分析があげられます。SWOTと言われても、何のことかわからないという方もいるかもしれません。この単語は頭文字をつなげたもので、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威を意味しています。1つの事業における強みや弱みを把握したうえで、特定のものが成功した要因を探っていく分析を行っていくのです。分析を通して成功事例を学ぶことで、これからの事業に活かしていくことが可能です。

単品リピート通販における「SWOT分析」とは

2018.05.06

実際にSWOT分析を行うためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。そのポイントの1つとなるのが、効率よく作業でいるようにすることです。適当に情報を集めているだけでは、必要なデータかどうか判断できず分析に時間がかかってしまう可能性もあります。そのため集めるべき情報を把握したうえで、どのように作業を行うことで効率よく分析が進められるのか把握しておきましょう。

例えば事業が成功する要因には、商品の開発者などの努力もあれば社会的な情勢も大きく関わってきます。社会のニーズに合ったものを良いタイミングで発売することができたため、ヒットされることができた商品も多いのです。そのためSWOT分析を行ううえでは、事業の内部と社会の外部の両方の側面から成功要因を探っていくようにしましょう。また具体的に分析を進めるためには、仮説を立てて状況を整理するというのも1つの手です。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
SWOT分析は、単品リピート通販に限らず色んなビジネスシーンで使用できます。

3C分析(顧客・競合・自社)

SWOT分析だけを行えばいいのではなく、ほかにも複数の分析を組み合わせて実行することも必要です。1つの分析だけだと情報量不足で、より良い形で事業に乗り出せないかもしれません。例えばSWOT分析以外に多く使われるものの1つに、3C分析があげられます。3C分析とは、市場や顧客・競合・自社という3つのCから始まる英単語の頭文字から名付けられたものです。この3C分析では市場などの外的要因や競合他社を分析して、事業を成功させるためにはどのような戦略を練っていけばいいのか考えていくものです。

3C分析とは?商品開発前の競合リサーチ時に必ずやっておきたい

2018.04.28

実際に3C分析を行うポイントになるのが、どのような形で分析を進めていけばいいのかという点です。最初に行う必要があるのが、市場がどのようなものを求めているのかというニーズです。現在の市場において顧客が求めているものがわかなければ、より良い商品を開発することはできません。ニーズに応じられるようにするためにも、市場の調査はしっかりと行うようにしましょう。

市場の状況がわかったら、次に競合他社について調査を行います。競合他社がどのような戦略で成功しているのか、どのような商品が販売されているのか情報を集めて分析を行います。このとき分析のためのアプローチ方法には、複数の選択肢があります。状況に応じて、どのような方法で情報収集や分析を行えばいいのか判断することが大切です。

市場や競合他社の動向をつかむことで、自社がどのような一手を打てばいいのか方向性が考えやすくなります。今まで競合他社が行っていない新しい戦略を選ぶ方法もあれば、似たような分野でも1つのオリジナリティをプラスすることで勝負する選択肢もあります。さまざまな戦略を選べるからこそ、自社ならではの強みを考えて単品リピート通販を成功させるためにはどうしたらいいか考えるようにしましょう。

4P分析(製品・価格・流通・プロモーション)

単品リピート通販を成功されるためには、4P分析も欠かせない要素の1つです。4P分析は、製品・価格・流通・プロモーションの頭文字をとっています。4つのPという要素1つずつが、販売戦略を考えるえ大切なポイントになっています。例えば4つのPにおける1つ目のポイントとなる製品では、魅力のあるものを用意することが必要です。顧客のニーズを理解し、人々が購入したいと考える魅力のある製品を開発するようにしましょう。

2つ目のポイントとなる価格では、顧客が購入してくれる金額を検討する必要があります。安ければいいと考えている方もいますが、価格が低すぎると不信感を持たれるかもしれません。顧客が購入したいと思える価格や自社の利益になる金額などさまざまな視点から分析して検討することが大切です。

単品リピート通販で魅力的な製品を用意できたとしても、流通させて購入してもらえなければ利益になることはありません。通販ショップで売る方法でも、独自のショップを作る方法もあれば大手の通販店に間借りをする選択肢も存在しています。具体的な流通のための方法を把握して、販売したい品物に合った流通方法を選ぶことが大切です。

優れた商品を作っても、プロモーションが下手だと人々に認知してもらうことすらできません。ブログやSNSの利用など、プロモーションの方法は1つではありません。状況に合った方法で宣伝することで、効率よく認知度をあげることが可能です。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
3C+4Pを両方行うと漏れがなくなります。しかし分析が目的でく売り上げを作る事が最優先だと頭に入れておきましょう。

ランディングページ(LP)作成、リスティング広告で成約率を計測、PDCAでLPを目標値まで修正後にアフィリエイターに依頼

単品リピート通販では、商品を購入してもらうためのホームページを作ることが必要不可欠です。そして次にポイントになるのが、ホームページにアクセスしてもらうためにはどうしたらいいのかという点です。商品を販売しているホームページを作ったとしても、ページにアクセスしてもらえなければ商品を買ってもらうチャンスはなくなります。少しでも買ってもらえる可能性を高めるためにも、アクセス数を増やすための戦略を考えていくようにしましょう。

ランディング作成手順とPDCA

戦略を考えるうえでポイントになってくるのが、ランディングページの作成と最初の計測するリスティング広告(PPC)です。PPC広告では広告が閲覧された回数ではなく、広告をクリックしてアクセスされた回数が基準となります。したがって、無駄なクリックが発生すると利益率がひっ迫します。その無駄をなくす方法はPPCの最適化とランディングページの作成をしっかり作成することです。これでリスティング広告で成約率を計測し目標CPAに合わせていきます。成約率を把握することで、リスティング広告がどのくらいの効果があるのかも把握できます。

単品リピート通販でエビデンス(証拠や実績)を使ったLPの有効性について

2018.05.06

リスティング広告で注意しないといけない点は、単品リピート通販では、同じような商品を売っている業者が多くあるケースも見られます。このような場合、競合他社と同じような売り方(リスティング広告で同じようなキーワードに掲載する)をしていたら利益につながりにくくなります。そのため他者とは異なる戦略のためにどのような販売方法がいいのか把握していくことが大切です。

話を元に戻しますが、リスティングでコストを落とすために必要なことは、やはり分析です。しかし先ほどの3C分析や4P分析のような大局でなありません。ネット内の分析でグーグルアナリティクス(google analitics)と ヒートマップです。ヒートマップを活用することで、ランディングページがどこまで読まれているのか?逆を言うと離脱率を計測します。簡単にいうとデータを見える形にできます。見える形になったデータを参考にすることで、ランディングページの改善(PDCA)につながります。

Googleの医療・健康アップデートでの健康食品・化粧品業界の今後の影響について

2018.05.15

状況を把握したら次に行う必要があるのが、PDCAサイクルについて考えるという点です。実際にランディングページを作成してどのような効果があったのか情報を集めて、改善する点があったら修正を行います。修正を行ってランディングページをより良いものにできたら、次にアフィリエイターへ依頼するようにしましょう。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
LPが新規顧客のキモになります。常に改善する気持ちを持ちましょう

アフィリエイターの力で売り上げアップしましょう

自社の力だけで商品を宣伝するのには限界が存在しています。あと、初期資金の問題も発生します。そこで少しでもアクセス数を増やせるようにするためにも、アフィリエイターへ依頼するようにしましょう。ランディングページを目標CPAまで修正した後であれば、アフィリエイターへの依頼で効果が得られやすくなります。アフィリエイターに依頼することで、ブログ等で宣伝をしてもらって商品の認知度をあげることにつながります。ここでポイントになるのが、効率的に宣伝してもらえるようにするためにはどうしたらいいのかという点です。

宣伝効果を高めるための戦略の1つに、スーパーアフィリエイターへ特単という選択肢があげられます。特単というのは特別単価を意味していて、通常よりも高い報酬がもらえることになります。このような特別単価があるような案件であれば、アフィリエイターが積極的に宣伝してもらえる可能性が高いのです。もちろん適当に宣伝してもらえればいいというわけではないので、どのような形でブログ等に掲載してもらうのがベストか考えることも忘れてはいけません。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
スーパーアフィリエイターと知り合うのはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)からの紹介が最も簡単です。

宣伝のために費用を支払った場合、商品を売ることでその分のお金を取り戻す必要があります。ここで注目すべきポイントになるのが、ROASに関する内容です。ROAS(Return On Advertising Spend)というのは、支払った宣伝費に対してどのくらいの利益が上げられたのかという指標になります。例えば宣伝のために費用を100万円支払ったとします。その宣伝の効果で300万円の売り上げがあった場合には、ROASは300%ということになるのです。ROASの数字が大きければ、アフィリエイターへの依頼などで支払った宣伝費の効果があったということです。

宣伝にお金を使ったら、その分の費用を回収するのは事業を行ううえで当たり前のことです。支払った費用が回収できなければ、事業が成り立たなくなってしまいます。販売を開始したばかりの商品の場合、思うように売り上げが伸びずにROASが100%を下回る可能性もあります。そのためPPC広告を利用するなど、費用対効果を考慮したうえで認知度を高める方法などを考えていくようにしましょう。

事業を始めるうえで無視できない単語の1つがCPOです。CPOは「Cost Per Order」を略したもので、1つの注文に対してどのくらいの費用が必要になるのかという意味を持ちます。商品の売り上げから材料費を引いたら、そのまま1つの注文に対してかかった費用になると考える方もいます。ですが通販で商品を1つ売るまでには、サイトを作るのにかかった費用や宣伝に使った額などさまざまなお金が関わってきます。そのような要素まで踏まえて考えた場合、商品が1つ売れるまでにある程度の赤字になるということを忘れてはいけません。

メディアレーションとは?単品リピート通販での計算方法と基準になる数値は?

2018.05.06

注目すべきポイントの1つは、初回の注文でCPOが高かったとしても2回目以降はその分の費用が必要なくなる可能性があるという点です。1回注文して良いと思った商品であれば、2回目以降やアフィリエイターのブログなどを見ないでそのままウェブサイトにアクセスしてもらえます。ブログなどを経由せずに直接アクセスしてもらうことで、宣伝にかかった費用などの計算をせずにすみます。つまり単品リピート通販では、固定客を作ることで利益をあげやすくなるという点を把握しておきましょう。

単品リピート通販の利用者を獲得することは簡単ではありません。事業を始めても、軌道に乗せるまでに多くの費用が必要になります。そのため通販だから初期費用は少ないと思うのではなく、軌道に乗せられるまでの資金を確保しておくことも大切です。

アップセルとは?クロスセル、ダウンセルの事例も用いてリピート通販を展開するポイントは

2018.05.06

ライフタイムバリュー(LTV)を伸ばすためにもCRMの強化は必須

ライフタイムバリューとは、顧客が1人でどのくらいの利益をもたらすのかというものです。例えば1回の購入で500円の利益が出たとします。この顧客が再び同じ商品(2回目)を購入したら、合計1000円分の利益になります。このように1回あたりの利益ではなく、長い目で見て1人の顧客がどのくらいの利益をもたらすのかというのがライフタイムバリューです。ライフタイムバリューは1回や2回などの回数ではなく、単品リピート通販の場合1年で判断することが大切です。

では実際にライフタイムバリューを伸ばすためには、どのような点に注目したらいいのでしょうか。そのポイントの1つになるのが、CRMを強化するという点です。年に何回か商品を購入してくれるリピート客を増やすことによって、CRMを強化することにつながります。ここでポイントになるのが、どのような方法でCRMを強化できるのかという点です。

アルトバウンドコールとは?インバウンドコールとの違いや使い分けについて

2018.06.05

顧客が商品の存在を把握して、実際に購入するまでの一連の流れをカスタマージャーニーと表現します。一連の流れと表現すると、購入したかどうかの経緯だけに注目する方もいるかもしれません。ですがここで注目すべき点になるのが、買ったかどうかのリアクションではなく顧客の具体的な感情です。商品ページを見てすぐに購入したのか、1度サイトを離れてから買うことを決意したなど顧客によって注文までのプロセスは異なります。このようなプロセスの違いは、点ではなく線で考えて分析することも必要です。

カスタマージャーニーをデザインする

カスタマージャーニーを考えるうえでは、顧客ロイヤルティーに注目することも必要不可欠です。顧客ロイヤルティーというのは、顧客が商品に対して愛着などの感情を持っているのかということです。では顧客ロイヤルティーを高めることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。特に大きなメリットになるのが、商品に愛着を持ってもらうことで再び購入してもらえる可能性が高いという点です。愛着を持ってもらえたからこそ、リピート客として顧客をつかむことにつながります。

顧客ロイヤリティーを考えるうえで難しいのは、人の感情を把握するのは簡単なことではないという点です。ですがデータ化して分析できるように研究が進められています。そのためシステムなどを活用することで、顧客ロイヤルティーを調べて事業に活かすためにはどのような工夫が必要になるのかを考えていくようにしましょう。

優良な顧客をつかむために、どのような方法で分析を進めていけばいいのでしょうか。そのための選択肢の1つに、アナリティカルCRMの利用があげられます。アナリティカルCRMを活用することによって、顧客のデータを分析することが可能です。基本的にはアプリケーションを利用して分析することが可能なので、専門的な分野に詳しくない方でもアナリティカルCRMについて考えやすいというポイントもあげられます。正しい状況を把握したうえで、単品リピート通販に活用するための方法を検討することが大切です。

顧客のデータを管理することを考えた場合、商品を購入してくれた大勢の方のデータをまとめてチェックしたらいいと思う方もいるかもしれません。確かに全体でデータをチェックすることも必要です。ですが実際に商品を購入してくれた方の動向というのは、それぞれの顧客で異なります。そのため全体の情報を把握するだけではなく、個々のデータに着目するのも1つの手です。

個々のデータに着目するために、1 to 1 データ抽出を実践してみましょう。例えばリピート率が高い顧客のデータを抽出して、どのような特長があるのか傾向をつかみます。リピート率が高い顧客が何に魅力を感じているのか、どのような宣伝を見て商品を把握したのかなどの情報に注目することで認知度や売り上げをあげるためにはどのような戦略が適しているのか考えやすくなります。大切なことは個々のデータを見て満足するだけではなく、得た情報をどのように活用すればいいのか考えていくことです。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
新規顧客が取れても、既存が減っていけば、それはザルと同じです。穴を埋めましょう

単品リピート通販でもっとも重要な顧客分析:RFM分析

顧客のデータを分析する方法の1つに、RFM分析があげられます。このRFM分析が意味しているのは、Recency (最近のタイミング)、Frequency (頻度)、Monetary (購入金額)ということです。顧客がどのようなタイミングや頻度で商品を購入しているのかなどのデータを参考にすることで、次に取るべき販売方法を考えやすくなります。

RFM分析ツールを活用し顧客との絆を深くする方法について

2018.05.24

例えば過去に何度も購入してくれた顧客でも、最近は買ってもらえていない可能性もあります。また何度も購入してくれる方のほうが、これからも商品を買ってくれる可能性が高いという点を把握してましょう。さらに頻繁に高い金額の買い物をしてくれる方は、事業において良い顧客と言えます。そのような良い顧客を獲得するするために、どのような戦略が必要なのか考えていくことが必要です。

例えば過去に何度も商品を購入してくれている方であれば、今後も良い顧客になってくれる可能性が高いのです。そのような顧客を逃さないためにも、セールなどの情報があれば優先的にメールを送るなどの工夫を行いましょう。リピート客はお得に購入できるチャンスがあれば、積極的に利用してくれるかもしれません。商品を何度も購入してくれる方と長い付き合いになれるように、必要な戦略を検討することが大切です。

また購入頻度に関するデータを見る時には、リピート客だけではなく新規客に注目することも忘れてはいけません。単品リピート通販では何度も商品を買ってもらうだけではなく、新しい客が来ることも必要です。新しい客を取り入れて事業を拡大することで、安定した単品リピート通販の地位を築くことにつながります。もしも購入頻度などのデータを見て新規の顧客が少ないという場合であれば、宣伝方法を見直してみましょう。宣伝方法を見直してみることによって、新たな顧客獲得のチャンスが広がるかもしれません。

ほかにも購入金額の平均を把握することで、新たな戦略につなげられる可能性があります。例えば購入金額として、4000円前後というケースが多いとします。そのような場合であれば、5000円以上であれば送料無料と設定するのも1つの手です。あと少し買うとお得なことがあるとわかれば、人々の購入金額が増える可能性があります。

アップセルとは?クロスセル、ダウンセルの事例も用いてリピート通販を展開するポイントは

2018.05.06

スマホの電話注文からの新規も確保し顧客満足度(CS)の向上のためにも、コールセンター(CC)は必須

実際に商売を始めるうえでの基本となるのが、カスタマー・サティスファクション(CS)です。このカスタマー・サティスファクション(CS)というのは、顧客満足度を意味します。特定の商品だけで商売を行う単品リピート通販にとって、固定客をつかむために顧客満足度は欠かせない要素の1つです。では実際に顧客満足度を高めるためには、どのような工夫が必要になるのでしょうか。

単品リピート通販なら、インターネット注文だけで充分だと考えている方も多くいます。ですが高い満足度を目指すためには、スマートフォンのphone to機能からの電話注文について考えることも必要不可欠です。インターネットから注文できる商品だとしても、直接オペレーターと話したうえで購入したいという方は多くいます。そのような人々のニーズに応じられるようにするためにも、電話注文ができる仕組みを整えましょう。そして顧客満足度を向上させるために、コールセンターの存在が必要不可欠です。

商品を購入する顧客にとって、何らかのトラブルや気になる点があったときにすぐ対応してくれるかというのは大切なポイントです。そしてコールセンターというのは、すぐに対応してもらえる顧客にとっての窓口です。また信頼できる通販なのか判断するために、コールセンターを活用する方もいます。問い合わせて電話が通じるのか、対応がしっかりしているかという点から信用できるお店だと判断されるケースもあるのです。

またコールセンターを設置したとしても、つながらない状態が続くと顧客満足度が下がってしまう可能性もあります。電話にすぐ対応できるようにするためにも、アベイラブル(受け可)の状態を保つことが大切です。事業を始めたばかりであれば、1つの電話でも問題なく対応できる可能性が高くなります。ですが認知度があがって利用者が多くなると、複数の電話で対応する必要が出てくるかもしれません。アベイラブル(受け可)を保てるようにするためにも、状況に応じてコールセンターの見直しを行うことも必要です。

顧客満足度の向上させることで、ロイヤルカスタマーを獲得できる可能性が高くなります。ロイヤルカスタマーというのは、商品に忠誠を誓っているような顧客のことです。試しに商品を買ってくれたのではなく、ここの商品がいいと思って購入してくれます。このような顧客を多く獲得することによって、安定した利益が見込めるようになります。このときのポイントになるのが、ロイヤルカスタマーの獲得は簡単なことではないという点です。

魅力的な商品を販売したとしても、通販の対応が悪いもしくはサービスが悪いなどの理由で購入してもらえなくなる可能性があります。ですが魅力的な商品だと思ってもらえれば、顧客側からアドバイスがもらえるケースも見られます。例えばコールセンターが設置されていることで、改善してほしい点などを電話してくれる顧客もいます。そのような顧客のニーズに対応することで、より良い単品リピート通販を目指せるようにしましょう。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
もちろん、ライバル会社のリサーチもしっかり行いましょう。

CC(コールセンター)は自前が良いが外注でもコミュニケーションがとれていれば可

実際にコールセンターに電話があった場合には、要件をスムーズに解決させることができるのかというのも大切なポイントの1つです。自分がコールセンターに電話したときのことを考えてみてください。このとき担当者に変えるもしくは上司が対応するなどの理由で、何度も電話相手が変わったらどのように感じるでしょうか。複数の相手と電話で会話することになると、たらい回しにされていると不快に感じる方もいるでしょう。不快な気持ちにさせてしまったら、ロイヤルカスタマーになってもらえる可能性が低くなります。

コールセンターにおいて大切なポイントの1つが、エスカレーション率を低くするということです。最初に電話に応対した人で問題を解決することで、エスカレーション率を低く保つことが可能です。一方で何度も電話に応対する人を変える場合は、エスカレーション率が高くなってしまうので注意が必要です。

マニュアル的な対応は味気ないが、まずは基礎の考え方(スクリプト)は必須

エスカレーション率を低く保つというのは、簡単なことではありません。オペレーターの知識がなければ、対応できない問題も多くあります。そこでコールセンターにおける応対をよくするために、スクリプト(トークフロー)を作成しましょう。トークフローというのは、顧客から電話があった場合にどのような応対をすればいいのかという点を図式化したものです。図式化することで、一目でどのような対応をするのがベストなのか判断することにつながります。

オペレーターは普段からコールセンターで働いているのだからこそ、対応には慣れていると考えている方もいるでしょう。ですがオペレーターであっても、顧客が抱えるさまざまな問題への対応がすべて頭に入っているわけではありません。そこで適切な対応ができるようにするために、トークフローを作成して問題別にベストな解決方法がわかるようにしましょう。

トークフローを作成するときのポイントが、オペレーターが使いやすいかという点です。実際に使う人が見やすい図にしなければ、スムーズな電話対応ができません。そこでオペレーターの意見を取り入れて、どのようなものなら使いやすいのか情報を集めるようにしましょう。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
スクリプトもランディングページ同様PDCAが大切な箇所になります

またトークフローの作成で忘れてはいけないのが、必要な情報が網羅されているのかという点です。実際に作成したとしても、顧客からの電話に対応できなければ意味がありません。スムーズな対応ができるようにするためには、どのような内容の電話がかかってくることがあるのか情報を集める必要があります。過去の電話やメール等での質問内容をまとめて、トークフローを作るうえで必要な内容を検討するようにしましょう。

トークフローは、1度作れば安心というものではありません。顧客の数が増えて事業が拡大したら、コールセンターに求められる対応の内容に変化があるケースもあります。そのため1度作ったらトークフローは完成と思うのではなく、顧客からの電話内容やオペレーターの要望などを考慮して見直しを行うようにしましょう。定期的に見直しを行うことで、顧客満足度の高いコールセンターを設置することにつながります。

リソース不足になりがちの自社配送、早い段階でフルフィルメントは専門業者に委託する

単品リピート通販を行う場合、業者に頼るとお金がかかるのですべての作業を自社で行うほうがコストがかからないと考えている方もいます。個人営業の小さな通販店であれば、注文の受付から梱包・発送業務まですべて1人で行うのも1つの手です。ですが1日当たりの注文数が増えてきた場合、個人で対応するのは難しくなります。自社配送はリソース不足になりがちなので、早い段階でフルフィルメントは専門業者への委託を検討するようにしましょう。

実際に単品リピート通販を運営するとき、どのようなシステムを活用するかもポイントの1つです。多くの顧客が来るようなウェブサイトになった場合、販売管理やマーケティングのための分析などを行う必要があります。ですが分析を自分で行おうと考えるときには、1つ注意しなければならない点があります。その注意点というのが、自社システムの開発費が莫大に必要だという点です。多くの顧客が利用するようになると、分析するためのデータも多くなります。そのような莫大なデータを個人で対応するためには、システムの存在が必要不可欠です。だからといって個人でシステムを作ろうとするとお金がかかります。だからこそ個人でシステム開発を行うのではなく、すでに分析のノウハウを持っている専門業者を利用するようにしましょう。

物流コストを削減しながら迅速に配送できる仕組みを作る

また自社システムではなく専門業者を利用するべき理由の1つに、決済方法の多様化があげられます。実際に通販を利用するとき、多くの方はクレジットカードや銀行振り込みなどの方法を利用します。これらの方法のほかにも、コンビニ決済や代引き支払いなど決済方法は多様化しています。このような決済方法の多様化に対応できるようにするためには、自分で管理をするよりも専門業者を利用したほうが適切に管理が行えます。専門業者は決済方法の多様化に対応するための多くのノウハウを持っているからこそ、適切に利用することが大切です。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
決済方法は多いほうが良いですが、全てが難しい場合でも代引きとクレジット決済は優先して導入しましょう

梱包・発送業務は、1日の注文が1個や2個程度なら個人でも管理できるでしょう。ですが注文数が多くなると、梱包・発送業務の専門業者に依頼するのも1つの手です。専門業者に依頼して破損、発送ミスを防げるようにしましょう。もしも破損、発送ミスを起こしてしまうと顧客満足度が低くなります。1度のミスが口コミで広まって評判が下がる恐れもあるので、ミスがないように梱包・発送業務を行うことが必要不可欠です。

単品リピート通販の利用客が増えてきたら、在庫管理を徹底することも大切な要素の1つです。多くの顧客に対応できるようにするためには、在庫管理を行うスペースとそのための人材が必要です。専門業者に委託することで、在庫管理のスペースと同時に管理する人材を確保することにつながります。

このように自社配送という選択肢だけではなく、単品リピート通販では専門業者を利用して事業を拡大することが可能です。大切なことが、専門業者に委託するタイミングを見極めるという点です。最初から委託して業務を行ってもらうと、専門業者に支払う管理費が高くなって利益が出にくくなります。そのため最初から利用するのではなく、ある程度軌道に乗ったタイミングで利用するのも1つの手です。ただしシステムなどの問題は、最初から専門業者に委託することで管理がしやすくなります。

実際に委託する専門業者は、業務規模によって変更するのも1つの手です。顧客の数が多くなれば、管理すべき在庫の数なども変わってきます。ここで注意しなければならないのが、業務規模によって業者の利用料金に差が出てくるという点です。管理する量が多くなれば、料金が高くなるのは当たり前ことです。また事業の規模によって、委託するとお得な業者には違いがあるので注意しましょう。

小規模の業務委託のほうがお得な業者もあれば、大規模だと料金がほかより安いというケースも見られます。そのため少しでもお得に専門業者を利用したいというのであれば、状況に応じて委託先を見直すのも1つの手です。定期的に見直しを行うことで、お得に利用できる専門業者を選ぶことにつながります。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
単品通販の同梱物は、回数ごとに違う場合が多いです。安い業者だと、同梱物の誤発送が起きやすいです。お客様から商品以外のクレームは避けたいものです。事業社選定は細心の注意を

フルフィルメント業者は安いところがベストではない

また専門業者選びで大切なことは、料金だけではありません。もちろんコストを抑えるために、少しでも安いところに任せることは大切です。ですが委託先によっては、単品リピート通販の評判に関わってくることもあります。評判を下げないようにするためにも、どのようなところなのか把握したうえで委託先を決めるようにしましょう。

例えば梱包・発送業務を委託するなら、どのような専門業者を選べばいいのでしょうか。このとき梱包が丁寧で破損、発送ミスが少ない業者なら安心して任せることが可能です。さらに発送の対応が素早いことで、顧客からの評価も高くなるかもしれません。顧客の評価に悪い影響を与えないように、委託する専門業者の実績や評判を調べるのも1つの手です。豊富な実績がある業者であれば、信頼して委託できる可能性が高くなります。実績に加えて業者内での評判も良ければ、大切な商品を安心して任せることにもつながります。

単品リピート通販には、専門業者への委託も管理がしやすいという点があげられます。商品の数が1つであれば、在庫管理も1つの項目をチェックするだけですみます。また商品の種類ごとに保管場所を変えるなどの工夫も必要ないので、1つの場所でまとめて管理しやすいのも特長です。

専門業者に委託したら、自分が作業することがないと思う方もいるかもしれません。確かにコールセンターから在庫管理まで、すべて外部の専門業者に委託することは可能です。外部に委託したからといって、自分が行うことがなくなるというわけではありません。例えば委託をしてデータを分析してもらったら、自分で内容をチェックする必要があります。分析結果を見たうえで改善点が見つかれば、どのような対応が必要なのか考えるようにしましょう。

(単品リピート通販コンサルタントから一言)
コールセンターは内製化も戦略として正しいですが、フルフィルメントに関しては外注化がコスト削減、誤発送防止の面でも有効な手です

専門業者に委託した先で何かトラブルがあったとき、対応するのは自分自身です。細かな作業をすべて専門業者に委託したら、全体の管理を行うことになります。全体の管理を行って、単品リピート通販を長くより良い状態で保てるようにすることが大切です。

まとめ:単品リピート通販を成功させるには5つの大事なことがあります

1)商品開発する前に競合他社をしっかり分析する
2)商品が決定したらランディングページ作成しPDCAで改善を繰り返す
3)顧客と良い関係を築くCRM戦略及びLTV施策
4)品質向上のためインバウンドとアップセルのためのアウトバウンド
5)フルフィルメントで迅速に正確な配送及び集金システム

もっと詳しく知りたい!是非業界に参入したいとお考えでしたらお気軽に下記フォームより申し込みください。追って連絡を差し上げます

初回無料:単品リピート通販コンサルのお問合せフォーム

必須会社名
必須会社名URL
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須お問合せ種類
必須お問い合わせ内容
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
任意その他(ご紹介者様名など)

必須ご確認していただき、ご同意していただける方はこちらのチェックボックスにチェックを入れて送信ください。