ネット通販コンサルタントを使うのがネットで商品を売る最短方法の一つ

製造業の場合には商品を作ることが仕事であり、商品の販売を行うのはまた別の企業である場合が多かったのですが、ネット通販においては、大手製造業者が販売を行うのに、ネット通販のコンサルタントを頼んで、ホームページの改善や集客について学んでいくという事例が多くなっています。

通販コンサルティングでネット集客を学ぶ

販売に関しては知識がないという製造業者にとっては、通販コンサルティングに案件を頼むことは、時間の節約にもなりますし、より短い時間で収益を上げるために有益な手段であると言えます。

ネット通販コンサルタントは、通販における販売の仕方やSEO対策などにも熟知した方が多く、どんなサイトにするとお客さんが長くとどまってくれるのか、商品を買ってくれるのかなどを知り尽くしている場合も多いです。サイトが見にくい、ショッピングカートに入れてから買うまでの処理が難しいなど、購入まで行きつかない原因などを調べて、お客さんがその販売サイトから購入してくれるようなアドバイスを行っています。

アドバイスには、システムの会社の選定などにも力を貸してくれるコンサルタントも多く、まったく一から始める、改善点を洗い出す上で、一番最短の方法をアドバイスしてくれる存在です。コンサルタントの方はまずは、サイトの解析などを行うようにアドバイスしている場合もあります。

どのような時間帯やどのような経路で販売のサイトを訪れてくれているのかどのページが良く見られているのかなどのサイト解析を行うようにとのアドバイスが出る場合もあります。コンサルタントに頼むことで、どういった改善方法を取ったらいいのかということを短時間で知ることができますので、何から手を付けていいのかわからないといった場合には、ネット通販の分野に詳しいネット通販コンサルタントに助言を頼むことも一つの方法です。

コンサルタントはいくつもの成功例や実績を持っている

ネット通販コンサルタントは、その商品をネットで売るためのノウハウなどを蓄積して持っている場合は多いです。自分で一から調べるとなると時間もかかりますし、労力も大変です。そこで、ネット通販コンサルタントの方に助言を頼むことで、今何をすべきなのかを具体的に知ることができますし、対策を熟知したうえでの行動がとれますので、無駄な動きやコストが必要ない可能性があります。

コンサルタントに相談することで、集客できないといった悩みや売り上げが上がらないといった悩みにより具体的にアドバイスをもらえますので、対策の方法をコンサルティングによって見つけ出すのもいいでしょう。

ECコンサルティングというのはインターネット通販業界でも注目されているサービスの一つです。インターネットの検索エンジンに関する知識を駆使してどのようにすれば、アクセス数が増えるのかを考えるのもECコンサルタントの重要な仕事の一つです。総務省の調べによると、15歳以上の日本の国民の約三分の一以上が何らかのものをインターネットで購入しており、2015年のB toCのインターネット通販の規模は13.8兆円(前年比7.6%増)と言われています。

法人や個人のインターネット通販への参入が年々活発になってきています。2000年代の当初はECサイトを構築するのに、数百万円の資金が必要とされていました。それが近年は低価格で構築できるようになったことから、資金の少ない中小企業や個人でも気軽にオンラインショップを開くことが可能になりました。オンラインショッピングで利益を得られるお店は全体のほんの一部であり、オンラインショッピング運営には様々なノウハウや専門知識が求められています。ゆえに、ECコンサルティングは、いま最も注目されているコンサルティング業であるとも言えます。

毎日進化する最新のノウハウの蓄積が必要

ネット通販というのは小売業であり、その小売業界世で成功するためには、小売業の専門的な知識や消費者に魅力的に商品を見せる補法など、従来は卸や小売業者が代わりにやっていたことを、真剣に取り組む必要が出てきます。

ネット通販では既存の店頭とは違う独特な購買行動を持つ消費者を相手にしていますので、それらに対応できるほどのノウハウを蓄積しているかどうかということもポイントになります。そういったノウハウをもっているのがECコンサルタントになります。販売不振や集客の面で改善点があるのであれば、そういった点をネット通販のコンサルタントに相談することで、効率的に集客し、売り上げへとつなげていくことも可能です。

ネット通販コンサルタントには、様々な企業で実際に体験してきたEC事業での経験があります。その経験をもとにネット通販をより良いものにしていくお手伝いをしてくれます。

ネット通販コンサルタントで効率的にECサイトの改善を。

一般的なコンサルタントの場合には場当たり的な対応で終わってしまう場合も多いのですが、ECコンサルタントの場合には、根本的な解決策を見出すために、クライアントの立場に立って、一緒にサイトを再構築していくことを実施しています。コンサルタントも数多くの種類があります。見積もりなどを選んで自社に合ったシステムの会社を見つけることが必要になるでしょう。

サイトをみたりすると実績のある企業なども一緒に乗っている場合もありますので、参考になります。最近ではメーカー直販の商品なども増えています。今までは卸売り業者や小売業者に任せていたことを実際に一から行うことでネット通販を拡大している企業も数多くあります。それを成功させるためには、EC販売の専門家であるネット通販コンサルタントに助言を頼むというのも一つの方法になります。

様々な会社の年商を倍増させてきたECコンサルタントのノウハウを知ることで自社の売り上げが上がる可能性もあります。また海外展開においてもECコンサルタントを行い海外進出を手助けしている場合もあります。

中国や台湾などでもECショップを展開し、台湾などのお客様にリピートで購入してもらうような戦略を立てています。ネット通販コンサルタントでは、リスティング広告によるSEO対策であったり、アフィリエイトによる広告であったり、特集ページなどのサイトの作成、メルマガの作成作業、商品撮影・登録作業など様々なアドバイスをしてくれます。

ネット通販コンサルタントを選ぶ際の注意点は、3つあります。

1) そのコンサルタントは、最新の情報を持っているかどうか?

どんなに口が上手いコンサルタントでも、結果が出なければ何もなりません。そのコンサルタントが最新の情報を持っているかどうかを聞く必要があります。このサイトにある専門用語の意味などを聞いてみて、知っているかどうか試してみるのも一つでしょう。

2) そのコンサルタントは、親身なってくれるかどうか?

どんなに優秀なコンサルタントでも、大手だとドンドン案件があるため直ぐにコンサルタント変更があります。あなたの売上を親身になって成長させる気概のあるコンサルタントを選んで下さい

3) そのコンサルタントは、改善策を複数持っているかどうか?

ネット通販は常に改善が必要です。PDCAを回す際に、もしA案が上手くいかない場合、そのA案を捨ててB案にいかに早く行動できるかにかかっています。その時に1つの案に固執する古い考えのコンサルタントは敬遠したほうが無難でしょう。常に複数案持っている人に頼むのがPDCAが高速で回転するため、結果的に売り上げが急増します。

ネット通販コンサルタントまとめ

ネット通販コンサルタントも小手先の改善ではなく根本的なサイトやシステムの改善を図って取り組みを行うというのが目標となっています。あなたの会社にとって有益な情報や商品開発からアドバイスを行ってくれるようなコンサルタントもありますので、上記の3つの指針で必要な場合には検討されるのもいいかもしれません。