単品通販のサイトでリピーターを作り、安定的な利益を得る

単品通販では、サイト内で少ない品数で商品を売っていき、新規のお客様を継続的に購入してくれるお客様に育てるということも大切になってきます。単品通販では、価格競争なども起きにくく、導線上で契約が成立するので、お客様が離脱しにくいという特徴も持っています。単品通販を成功させるには、多機能なショッピングカートを用いることや、アフターフォローでお客様をつなぎとめておくことも必要になります。

単品通販ではサイト内で商品をアピールしやすい

総合通販においては多くの種類の商品を販売するためにそのひとつひとつの説明などは省かれていることも多いのですが、単品通販の場合には、一つの商品に特徴や有益な情報も細かく詰め込むことができます。その商品をじっくり知ってからお試しすることができますので、消費者としてもどのような商品なのかをしっかり理解できる点は良いでしょう。

また売る方も、その商品にしかない特徴などを付け加えて売ることが多く他にはない自社ブランドで開発した機能性の健康食品であったり、多機能な化粧品であったりする場合も多いです。ランディングページには開発秘話やその商品ができるまでの過程なども細かくのせることができますので、お客様が出は一度買ってみようかと思うようなプロモーションができる点もメリットです。

他にはない商品で差を付けつつ、高付加価値を持つ高価格な商品を売ることも可能になります。通常の販売では、価格競争の面にさらされ、安ければ売れるといったような構図が出来上がっていますが、単品通販の場合では、他にはないものを高価格で売るというシステムになりますので、継続的に購入してくれるお客様が増えることにより、LTVが上昇し、収益が上がり、経営状況は安定していきます。

中小企業でも参入しやすい

販売する商品が限られているので、中小企業であっても参入しやすい環境にあるとも言えます。初期投資なども少なくて済みますし、人員も大人数は必要ありません。リピート性が低い商品やお客様に伝えるべき情報が少ない商品などは単品通販には不向きな商材であると言えます。まずは見込み客を集める事が必要になりますが、その際にはインターネットの広告を使います。

広告を作るときには、その商品に興味のある層に訴えかけるような広告をつくることが勧められています。単品通販では、特定の商品のみを扱うので、ニーズに合った顧客をつくりやすいというポイントがあります。しかし、いくつもの健康食品や化粧品が存在しているので、既存顧客が他に乗り換えてしまうという顧客離反が起こることもあります。顧客離反を防止するための策も必要であり、常に新しい策を見つけて、商品を開発販売していくことが必要になります。

定期的に新しいことをしてみるという姿勢で商品を販売していきましょう。単品通販においては、むやみにキャンペーンを開いて、商品の値引きを行うことは好ましくありません。通販では卸を介さずに触接商品を販売できるので、商品価格を固定することでコスト管理に集中できるという特徴があります。やみくもにキャンペーンを実施すると、通常価格に戻したときに顧客離反が起こる可能性がありますので、注意が必要です。

また、単品通販では、扱う商品のジャンルが限定的になりますので、顧客の幅も狭いことから、キャンペーンを実施した場合でも、それに見合うだけの新規顧客を集める事は難しいです。

単品通販においては、サイトからの注文がカギになる

単品通販ビジネスで売れるためにはネットのサイトからいかに注文する顧客を増やせるかどうかがポイントになります。ネット限定販売を行うことで、「数量限定」や「期間限定」などの限定販売を行うことで、購入する窓口をネットのサイトに誘導して、ネット顧客を増やすこともできます。楽天やAmazonでは少し高めに購入するようにして置き、公式サイトから定期購入するのが一番安くてお得であるという風に戦略を立てることもいいでしょう。

他では手に入らない商品で、ネットの公式サイトでのみ扱っている商品であることにも注目することでネットで購入するお客さんが増える場合もあります。最初から数回の定期購入を約束して、初回は安く手に入るといったキャンペーンもありますが、消費者の中にはその注意書きをよく読んでおらず、安く手に入ると思って購入する人も一定数いますので、そのような対応もしっかり決めておく必要もあります。

きちんと定期購入になるという旨の明記をしておく必要があるでしょう。また、購入した際には、使い方のポイントや分からない点、発送日数の変更や契約の変更や休止などで問い合わせをすることも増えますので、リピート購入でお客さんを安定化させたい場合には、コールセンターの充実なども図っておく必要があります。お客様の情報を一括で管理できるシステムを持ち、社員がだれでも対応できるようなシステムを作っておくと業務が捗りますので、おすすめです。

単品通販でサイトからの購入を促す

単品通販の場合には公式サイトなどからの定期購入がカギとなります。公式サイトから商品を購入してもらえるように、誘導することも必要になるでしょう。サイトから購入するとお得になるようなキャンペーンやサービスを付けて、購入してもらえるように工夫をすることも大切です。ただ、やみくもな値引きキャンペーンなどは無意味になることもありますので、注意が必要です。

初回限定で継続のお客様のみが安くなる場合には、しっかりとその内容は記載するとお客様に誤解がなくて済みます。また、購入してくれたお客様を継続的に購入いただくためにステップメールなどを送り、定期的にフォローすることも必要になります。お礼のメールから販促のメールまでをあらかじめ用意しておき、商品購入者に自動的にステップを踏んでメールを送るシステムを作っておきましょう。

ステップメール機能を活用することで、リピーターを増やしていけるといいでしょう。単品通販ではリピートしてもらうということが重要になってきますので、定期的にコンタクトを取ることで、さらにほかの商品を購入してくれる可能性も広がります。

消費者の方としても、気遣ってくれている様子を知ることができますし、どこで買おうかと迷っている場合には、定期的にフォローがあるお店を選びたいと思うのも普通です。またサイトからの購入が増えることで、分析すべきデータが集まるというメリットもあります。どういったお客さんが購入しリピートしてくれているのかを数値で把握できるようになりますので、改善点も見えやすくなります。

最近ではネットはなくてはならないものとなり、スマホの普及率なども一人一台になっていますので、ネットはかなり身近なものとなっています。買い物をする手段としても、ネットを利用するというお客さんは増えつつありますので、単品通販でサイトから商品を購入するお客さんというのはこれからも増えていくでしょう。

単品通販はその中でも資金の少ない中小企業でも参入しやすい分野になりますので、何か新しいことを始めてみるという場合には単品通販によって商品を販売する方法を取ることもいいでしょう。リピーターを増やして、経営を安定化させることが単品通販では可能になっています。そのためのツールなども数多く存在していますので、併せてお使いください。