単品通販とは?最速で年商が数億円にもなる可能性を秘めるEC通販業態

単品通販とは?
単品通販というのをご存知でしょうか。あまり知られていない方法ではあるのですが、最近Web業界などでは売り上げを伸ばすことで注目を集めている方法です。単品通販とはどんなものなのかご紹介していきましょう。

単品通販とは一つの商品をWeb経由で販売!

単品通販サイトではたった一つだけの商品を販売して、年商数億円という結果を出せる可能性があります。単品通販では、一つの商品、あるいは複数の少数の商品を、販売サイトを作って集中的に販売する方法になります。ネットショップというと多くの商品を並べて販売しているイメージがありますが、それを管理するのはかなり大変です。

そんな中で、多くのネットショップが少数の商品のみで通販サイトを運営しています。単品通販においては、リピート獲得がポイントになります。取り扱っている商品が少ない場合、獲得できる顧客も限られてきます。

そのために、何度も購入してくれるリピート顧客を獲得することが目標になっています。単品購入でよく見かけるものといえば、ダイエット商品や化粧品、補正下着などの分野があります。アフィリエイトサイトなどから、この商品を定期購入しませんかという広告を見かけたことはないでしょうか。あれが単品販売といわれるECサイトになります。最初は価格が安く設定されていて、購入の敷居を低くして、数回継続して購入してもらえるようなサービスを付けたりしています。継続的に購入をしてもらうために、価格設定を決定することや、もちろん商品自体の開発を行っている企業もあります。

単品通販に適した商材は健康食品や化粧品、向いていない商品はアパレル関係

通販商品
単品通販に向いている商品 健康食品・ダイエット食品・美容化粧品・消耗品
単品通販に向いていない商品 アパレル関係・継続購入が難しい商品

ECサイトが簡単に作れるようになりましたので、多くの様々な商品がネットショップで販売されています。ただ単品販売の場合には、その形態から、販売に向いている商材と向いていない商材があります。同一商品を購入する可能性の低い洋服などのアパレル関係は単品通販で売り上げるには難しいかもしれません。しかし、アパレルの場合でも補正下着などは単品通販でも一枚~購入できる場合や数枚でまとめて購入できる場合などがあります。

アパレルで同一の商品を送る事は困難なのですが「サブスクリプション」でビジネスモデルを構築すると同一会員から毎月売上は可能です

アフィリエイターの広告力などを使って、ネットで徐々にその効果やデメリットなども載せて、認知度を広めていき、買ってみようかな。と思うお客さんを増やしています。健康食品や化粧品などは継続的に使用すること効果があるため、リピートして買うことを期待できる商品なので、単品通販に向いている商材です。アフィリエイトとされている方などはよく目にする単品通販のサイトですが、商品を売りたい側が単品通販で商品を販売するケースも最近は多く見られます。

買い物をする場は店頭販売以外にもテレビショッピングなどを利用していることもありましたが、今ではネットで検索して効果のあるという口コミの商品を買うということも多くなっています。ツイッターやインスタグラムなどもありますので、実際使っている人の評判などを聴きやすいというのもネットで購入する一つの大きな理由になります。単品通販のスタイルで販売されている商品の多くには、口コミなどが多く存在しますので、購入者の立場からしてもどんな商品なのかを実際勝った人から意見を聴けるという商品が多いです。

体験レビューなどを載せて、効果のほどを検証しているサイトなども見かけます。あのようなサイトから購入してくれた場合でも、お店の利益になりますが、広告費は売れたときに発生しますので、宣伝費は必要ないことになります。

単品通販サイトは利益が出やすい

単品通販サイトの場合に利益が出やすいのにはいくつか理由があります。ネットショップで一番難しくて費用が掛かるのは、新規顧客の獲得になります。ネットショップを始めたけれど、広告費がかさんでしまって利益が残らないという場合もあります。単品通販では継続的に購入してくれるお客さんができると経費はあまりかけないでも売り上げをあげることが可能です。

自社の商品を良いと思ってくれれば、そのままリピーターになって使ってくれる可能性は大いにあります。自社の商品を売りたい場合には、単品通販で商品を売っていくという戦略もあります。ひとつの商品だけを売っているページになっていますので、非常にわかりやすいですし、案内もすごく細かく内容が記載されているので、ページを読み進めていくうちに購入しようという気になってきます。

また、通販の場合には、初期投資や維持費が少なくて済みます。リアルに店舗を持つことを考えると、初期投資や維持費などは建物や装飾品などネットショップの比ではありません。従業員も何人も配置する必要もありますし、維持費はばかになりません。売るときも楽に売ることができ、売れ続ければ維持費はあまりかからない単品販売はそのような場合にもいいでしょう。

ネットショップの場合でも、様々な在庫を抱えていると、在庫管理の膨大な費用や手間がかかりますが、単品通販であれば、在庫管理に費やすコストも安くなりますので、利益が残りやすくなります。ネットでマーケティングを行うことで、どんな商品が売れているのかをリサーチすることができます。

単品通販でマーケティングもしつつ販路を拡大できる

単品購入で化粧品や健康食品などを売るようになると、それを購入した人たちのレビューなどがネットで知りやすくなります。どんなポイントが使いやすかったか、どんな商品なのかを、こちらから広告しなくても、口コミで広がっていくような形で販路が開いていく場合があります。宣伝はアフィリエイターの方に任せるという方法もあります。アフィリエイトサイトには単品通販で購入できる商品が数多くあります。

成功報酬に対して報酬を支払っているので、広告費は売れた分にのみ計上されます。ダイエット商品や美容化粧品の分野で多く見かける単品通販ですが、長いランディングページで商品の良さなどを伝えているのも特徴です。単品通販の場合には数多くのホームページを作る必要もなく、1ページの長いホームページが購入申し込み窓口になります。宣伝はアフィリエイターさんに任せて、あとは口コミで広がってリピーターのお客さんがつくようになると、大きく儲かる可能性もあります。

有名な芸能人の方が使用しているなどの広告効果を狙っている商品もあります。気になる商品はネットの口コミで知ったという商品も多くなっていますので、単品通販での購入は今後も増えそうです。

芸能人の知名度を利用することは商品の知名度を上げる最短な方法ですが、効果効能まで有名人に説明させると色々問題が起きますので注意が必要です。

地方の片田舎で特産品を売るときにどうしたら良いのか困っていたところで、この単品販売を始めたということがありました。最初は単発での購入が多かったそうなのですが、お得な定期コースのページを設けたところ、そのサイトからの定期購入が増えて、販売数が格段に上がったということがあったそうです。地方のお店などでもテレビに出るとお客さんが増えることがありますが、同じような現象が単品通販でも起きている様子です。

広告費や維持費などを低く抑えつつ、リピーターを獲得して、少数の商品を徹底的に売っていくのが単品通販の特徴です。販路に悩んでいる場合には、単品販売でサイトを作ってみるのもいいですし、ネットショップの経営などもでも単品通販を利用して年商を拡大しているという方は多いです。これからはネットでの購入が当たり前になってきますので、SNSなども利用しつつ、販路を広げていけるといいでしょう。