3C分析とは?商品開発前の競合リサーチ時に必ずやっておきたい

単品リピート通販における「3C分析」とは

3C分析の概要とは顧客を意味するCustomer、会社を意味するCompany、競合を意味するCompetitorのそれぞれの頭文字を取ったものでそれぞれを分析することによってマーケティング戦略を立てていきます。

フレームワークは枠組みや構造や骨組みという意味がありコンサルティング業界で課題を明確化させていったり解決方法を立てたりして戦略立案を考えることを言います。
フレームワークにもいろいろあり、論理木を立てて解決するロジックツリー、互いにかさなることはなくすべてを網羅するという意味があるミーシー、意見決定ツリーとも呼ばれるディシジョンツリーがあるのですが、こうしたフレームワークを基本にすれば、単品リピート通販における3C分析にも応用をすることが可能になります。

単品リピート商品を3C分析で行う手順は、顧客は何を求めているのか、また自社開発商品はどのようなものか、競合相手はいるのかどうかなどを分析することによって、単品リピート商品をより魅力的にするためにはどうすればよいのかを考えていくことができますので、様々な戦略アイデアを自社内で出し合うことができるのではないでしょうか。環境分析や基本戦略、具体的な施策を考えることによって他社に負けない魅力的な単品製品を開発することが出来ます。

ネット検索だけでもライバル商品の3C分析は可能

現在はネットショップだけでも物凄い数がありますので、ライバル商品の3C分析はネット検索をするだけで行うことが出来ます。ネットマーケティングを3C分析で行うやり方はまず市場や顧客のニーズがどう変化しているのかを調べるとよいでしょう。過去のデーターを元にして、どのような商品が人気があるのかをネット検索を行い人気の移り変わりを調べていきます。

次に自社商品と似たような他社商品をいくつかネット検索でピックアップしていき、競合相手の商品にはどのようなものがあるかどうか、顧客に人気のある他社商品はどのようなものがあるかどうかを調査されるとよいです。

ネット検索上位にあるものは、話題性があるものやネット検索数の多いもの、この他にもネット検索で上位に入るようにSEO対策を十分されている可能性もありますので、こうしたことも踏まえていくつかの検索サイトを活用して調べてみるとよいでしょう。

市場や競合などを調べた後は、自社商品が市場での価値はどの程度なのかについてもよく調べて分析を行っていきます。また顧客のニーズに対応できている自社商品かどうかについても客観的に評価を行うことが必要になります。

3Cのビジネスフレームワークに基づきながら、行っていくと分析しやすくなりますので、1つのフレームワークだけでなく、いくつかのフレームワークに基づいて分析を行えば、また別の面から客観的にとらえることが出来ますので、時間をかけて分析作業を行うとよい結果を招くことができるメリットもあるでしょう。
他業者との競争関係については競合業者がどのくらいあるのかどうか、競合会社の売上の状態、他社製品と自社製品のブランド力、広告費用にお金をかけているかどうかもしっかり調べておく必要があります。

単品リピート通販の場合、他製品にはない絶対的な魅力があること、購入意欲が持てるかどうかが通販業界で生き残る大きなポイントとなりますので、もしネット検索で3C分析を行い、他社商品とほとんど変わらない似たような自社商品であれば、やはり売れるためにも大規模な商品開発を行う必要が出てくることでしょう。

どんな人気ヒット製品でも、製品ライフサイクルというものがあります。製品が誕生してから衰退するまで、短いものもあれば、ロングセラー商品と呼ばれるものもありますので、消費者がずっと購入し続けていきたいロングセラー商品を目指すことが一番重要なことかもしれません。

流行などで一時的にヒットするヒット商品も人気の波が低下すれば、まったく売れなくなってしまうこともあります。こうした製品ライフサイクルの分析もネット検索だけで行うことが出来ますので、3C分析は色々なことに応用することが出来るでしょう。

3C分析は実際に人の手で行うととても時間がかかり、分析もそれを行う人の主観に大きく左右されますので、コンピューターシステムによる分析も取り入れて行うと公平な立場で分析を行うことが出来ます。

深く3C分析する時は、ネット以外(専門書、現地視察)は必須

3C分析はネット市場全体を検索して、情報を得て分析をすることも可能です。ネット検索以外にも、ユーザのWEB行動履歴を把握するシステムもありますので、このようなシステムを使えば、WEBでどのサイトを訪れた後に、どのサイトに移動しているのかをチェックすることが出来ます。

どのようなユーザが自社製品や他社製品に興味を示しているのかを、ユーザ属性で知ることができます。しかしネットで収集した情報はあくまでも一時的なもので、総合的に判断する材料とはなりません。そこで深く分析するためにはネット以外の分析も必要になるでしょう。

例えばビジネスの専門書では昔から行われているマーケティング方法について知ることが出来ますので、マーケティング戦略として役立ちます。古典的なマクロ分析は、景気変動や人口の変化、流行の変化など社会的な変化などを分析を行う方法ですし、ミクロ分析は、業界に起こる変化に着目し、自社ビジネスの影響度合いを見出す方法で、経済学が進歩した時代に生まれた分析方法です。マクロ分析とミクロ分析の結果から、顧客分析を行い、顧客の価値観やニーズが時代とともにどのように変化しているかどうかを調査をすることはとても重要なことでしょう。古典的で基本的な分析方法も時には取り入れながら、3C分析と混ぜながら分析を行うとよいです。

現地視察を行い直接消費者のニーズや消費者が自社商品や他社商品に対してどのように感じているのかどうかを調べることは、自社商品の開発にも大きく役立ちますし、売れる商品を作るための戦略にも役立つのではないでしょうか。

単品リピート通販商品を開発するためには、3C分析以外にも、消費者モニタが大きく役立ちます。ある一定の人数の消費者を集め、普段どのような商品を使用しているのか、購入場所は何処か、様々な意見や感想を求めることによって、消費者はどのようなものを求めているのかについて知ることが出来ますので自社商品の開発に大きく役立つのではないでしょうか。また他社商品にはない魅力的な特徴のある製品を作るためには、何をすればよいのかを消費者の声を参考にして開発を行うことが出来ますので、消費者モニターの声もまとめて3C分析を行うとさらによいです。

実際に消費者モニターを行う方法には、在宅モニターや座談会、インタビューや会場調査などの形でデータを収集することが可能になります。購入者である消費者は、商品の価格や品質によってすぐに他社製品に切り替えを行う傾向がありますので、どの程度の価格であれば購入する気になるのか、品質が悪くなってしまったら、購入意欲がなくなってしまうのかなどについても、モニター調査で調べることが出来ますので、どのような項目を調べるのかについてもあらかじめ詳細に決めておくとよいです。

自社商品を多くのモニターに実際に使ってみて、実直な感想や使用感などを直接聞いてみることによって、商品をどう思っているのか、改良すべき点はどこかなどを知ることが出来ます。顧客や市場、競合相手をネットで調べるのもよい方法ですが、やはり競合相手と差別化できる自社製品を開発するためには、それを使用している消費者の身近な声が一番役に立つのかもしれません。

ライバル会社に負けない自社製品を開発するためには、競合企業の他社商品の良い所はどこかを徹底的に調べ、その良い所を自社製品に取り入れるという方法もあります。
また競合企業がまだどこも開発していない消費者が求める自社製品を開発することによって、他社商品との差別化を図ることが出来ますので、自社製品の研究開発に力を注ぎ、新商品を新たに開発するなどの目標も3C分析によって見えてくることでしょう。

特に単品リピート通販商品は、ライバル会社と似たようなものを出していたのでは、一時の流行で売れる時期があるかもしれませんが、すぐに飽きられてしまうため、衰退も早くなります。単品リピート通販として成功するためには、ライバル会社が絶対に真似することが出来ない素晴らしい商品であること、消費者が絶対に手に入れたいと思わせる何か特別なものが必要となりますので、こうした点も踏まえて3C分析をうまく活用していきましょう。

「3C分析」のまとめ

3C分析というと難しいイメージがありますが、経済学では昔から行われていた手法ですので、あまり難しくないのが本当のところです。単品リピート通販はネットを通して行われることが多いため、常に3C分析を行うことを習慣化にしておくとよいでしょう。ネット分析は一時的なものであるため、あくまでも参考程度にとどまっておいた方がよい場合もあります。

消費者に必要とされる単品リピート通販製品を提供し続けるためにも、ネット検索だけでも3C分析を行うことは可能ですが、より深く分析するためにはやはりネット検索以外の方法も必要となります。

経済学の専門書を参考にして分析を行うことも出来ますが、単品リピート通販は化粧品やサプリメント、健康食品などの消耗品が多いため、実際に消費者を集めて消費者モニタを行うのがよい方法です。

単品商品開発前の競合リサーチ前に、実際に消費者の方にどのような商品を普段使用しているのか、購入価格はどの程度ならよいかどうかなど、質問事項をあらかじめ決めておき、モニタ調査を行うとよいでしょう。

また自社製品を実際に使用してもらい、実直な感想や意見を聞くことによって自社製品の開発に役立ちます。消費者の生の声を聞くことによって自社製品の研究開発に大きく役立ちますし、消費者が何を求めているのか、他社製品にはない魅力的な商品を作るためにはどうすればよいのかなど、目標や指針が見てて来ますので、こうした情報も3C分析に取り入れていくことが必要でしょう。