カニバリゼーションとは?自社商品に同じような名前を付けている会社は要注意

単品リピート通販における「カニバリゼーション」とは

カニバリゼーション(Cannibalization)は直訳で共食いの意味を表し、自社の商品同士でシェアを食い合うような状況を意味します。単品リピート通販の場合には致命的な状態であるため、カニバリゼーションを引き起こさない対策が求められます。マーケティングの世界ではよく使われるフレーズであり、こうしたことにならないよう、検索エンジンに引っ掛ける際には細心の注意を払うようにしています。

本来であれば新商品を導入する際に、今までの売り上げをベースにしてそれを上積みさせるように新商品を導入させます。この時は今までのユーザーとこれまでに利用したことのないユーザーを対象としますが、同じような商品が入り込み、しかも値段的に安いものを提供した場合にこれまでのユーザーは新商品に流れ、今までのユーザーが以前の商品を買わなくなり、共食いが発生します。

単品リピート通販においてカニバリゼーションが起こりやすいのは、市場全体が成熟期を迎えているケースです。そしてこうした通販のやり方に成功しているところほど引き起こしやすいことから、注意が必要とされています。新たに商品を開発して投入する際には、共食いをしないように売り上げを伸ばしていくことが求められます。

カニバリゼーション分析のマーケティングにおける必要性

まずカニバリゼーションには2つの種類があることを知っておく必要があります。意図的にカニバリゼーションを発生させるケースと意図せずに発生してしまう場合です。意図的に発生させることのメリットはこれまでの市場シェアをさらに強くすることです。同じような商品が発売されることは、一時的に売り上げを下げるきっかけになることが予想されます。しかし、どれを選んでもあの会社がいいとなれば、それぞれの売り上げに影響は出ても最終的な売り上げは増えていく形になります。

最終的に自社の商品の中で選択してもらうような形にすれば、自社の売り上げは伸びます。コンビニエンスストアでも近いエリアに複数の店舗を固めて出店させることが行われていますが、一種のカニバリゼーションであり、逆に新規参入をさせにくくさせることができます。つまり、カニバリゼーションはすべてが悪いのではなく、戦略的なものであれば、どんどん行っていき自社の強さをさらに強力なものにさせることが可能です。

大事なことは意図しないカニバリゼーションを防ぐということです。例えば検索エンジンに表示される際に、1つのキーワードに対していくつもページが表示される状況は明らかなカニバリゼーションが発生している状態です。そうなると、せっかく上位のほうに表示されているのに、いくつかでバッティングしてしまって一番上に表示されないようなことになってしまいます。特に商品名や使用している成分に類似性がある場合には注意が必要です。

健康食品などでは似たような成分を用いていくつも商品を販売するケースがあります。するとこれを押したいのに、別の商品が表示される状態になるのは危険な状態です。類似性がある場合ほど検索エンジンにはどちらも引っかかりやすくなるため、例えば商品の中でターゲットを絞っていくようなことが必要になります。この商品は女性向け、あの商品は男性向けというように明確にすれば、すみ分けがはっきりします。

マーケティングが必要なのは、戦略的なカニバリゼーションを起こすためであり、それによって自社のシェアを高めるためにあります。そのためにはマーケティングを行い、類似性の範囲などを調べることが求められます。すみ分けの範囲が分かれば、あとはうまくシェアすればいいだけのことです。単品リピート通販を展開し、シェアを拡大させるためには、意図的にカニバリゼーションを引き起こさせることが大事です。

SEOだと同じキーワードが入った商品同士で商標順位を食い合う

逆に言えば、意図しないカニバリゼーションを防ぐことが単品リピート通販では求められます。検索エンジンに商品名を認識させたい場合、同じような商品名ばかりのページを認識させれば、どれが一番重要なのかがわからず、表示される順位を上に押し上げられない問題が発生します。もし以前の商品名と類似性がある新商品を出す場合に、新商品のものが表示されにくくなる可能性すらあるため、大変です。

検索エンジンの中では類似ページ判定を行っており、1つの検索キーワードに対していくつかのページは表示させるものの、それ以上のページは非表示にさせるようなこともします。この場合、明らかに意図的ではないカニバリゼーションが発生しており、商品を知ってもらう機会を失っています。seoの場合には、同じようなキーワードが入っていたら検索順位の食い合いが起こります。これをさせないようにすることが求められています。

特に成分名を使っている場合には危険であり、似通いやすく、表示されるページが限られる可能性があります。類似されるコンテンツを低く見積もる傾向にあるため、類似性が見られるページは評価が下がりやすくなることから注意が必要です。化粧品や健康食品などでは特定の成分などを表に出して勧誘するケースがあります。こうした時に類似性が高いと同じような成分を表示させて結果的に検索エンジンに嫌われる可能性があるために注意です。

マーケティングをする際には、同じような商品であったとしても、使用すべきキーワードを変えるなどして対応をしていく必要があります。またタイトルのタグを変更することで影響をずらすことができます。例えば商品名が似通っているような場合には、タグの中身を変えて検索に引っかかりやすくすることは可能です。ただ、気をつけておきたいのは検索に引っかかりやすくするために商品の中身と違うようなタグをつけてしまうケースです。これはやってはいけません。

検索で上位表示を目指す際に必要なのは、seoの内部表示の対策をしていくことです。内部リンクがまるでなかったり、同じようなタイトルになっていたりするとなかなか上位で表示されることは難しくなり、検索順位も低いまま、下手をすれば非常に終わってしまいます。そうさせないためには、コンテンツの中身を微妙に変えることも必要です。定期購読のページと効能だけのページを設けて差別化するようなことでも大丈夫です。

同じキーワードを使っているのであれば一方はそれを消し、もう一方は内部リンクで補強することをすればカニバリゼーションは解消されます。そしてseo対策をする場合、重要となるキーワードを1つに限定しておくことも大事な要素です。また32文字にタイトルをまとめることも大事です。これは32文字までが表示されるためであり、それ以降は切られてしまいます。他にもメタキーワード設定などもしておくことで検索順位を上げられます。

これらのことをしておくことで、同じようなキーワードで食い合うようなことは避けられます。そしてサイトの構造をきっちりさせることでたくさんのクリックをしなくてもそのページにたどり着くような形にすることができます。これらはあくまでも検索順位を上げるための内部対策です。そうすることで多くの人にページを見てもらえるようになります。サジェストキーワードを調べてそれをタグにするのもいいですが、これらを1つずつ重ねていくことが必要です。

カニバリゼーションのまとめ

戦略的に自社商品をアピールしていくには、まず検索順位を上げることが必要です。そのためにもタイトルの設定やSEOキーワードの見直しなどするべきことはたくさんあります。同じような商品が被ること自体は特に問題はありませんが、その際には核となるキーワードを変更して、ターゲットをずらすことも大事です。それをするにはマーケティングを行い、ターゲット層を見極めることも必要になっていきます。これらの事を行って、意図しないカニバリゼーションを避けられます。

単品リピート通販は多くの人に足を運んでもらい、お試し商品などを購入してもらって手広くお客さんを集め、その中で見込みのある客をがっちりキープしていくことが大事です。その基になるのはどれだけの人に見に来てもらうのかということですが、カニバリゼーションを起こして上位に表示されにくくなれば売り上げに直結します。ページの改良なども常に必要ですが、検索エンジンに嫌われないようにすることも大事な要素です。

一方でこの製品はあの会社の製品だというのを知らしめるためにあえてカニバリゼーションを引き起こすケースも見られます。ただそれは検索エンジンの中で行うことは難しく、共倒れになってしまう恐れもあります。経営体力に余裕があればテレビCMなどを打っていく、ネット広告を使うなどして集めるのも1つの手です。2つの製品を両立させたい場合などはやり方を変えて、カニバリゼーションを起こすというのも大事です。