クリエイティブとは?ネット広告やwebサイトの作成物について

単品リピート通販における「クリエイティブ」とは

クリエイティブは本来創造的という意味合いがある言葉ですが、広告の観点から見ていくとバナー広告に使用する画像などが当てはまります。バナー広告はinstagramやfacebookなどに登場し、それを見た人が商品の存在を知り、クリックをすることでそのページにすぐ飛ぶことができ、商品についての説明を見てもらうことができます。これまでにアクセスした実績などからそれに該当するバナー広告が表示され、実際に表示されるものをクリエイティブと称しています。

単品リピート通販では、バナー広告をちゃんとしたものにすることでより多くの人に興味を持ってもらうことができます。そのために制作を行い、様々な工夫を重ねていきます。もちろん質の高いものを作ればそれでいいわけではなく、設定する際にも条件をつけておくなど色々な決まりごとを決めてから広告として出していくことになります。

またクリエイティブには別の種類もあり、テキスト広告やメール広告なども該当します。ネット上で目にするありとあらゆる広告がいわばクリエイティブの一種であり、単品リピート通販を始める際にはいかにクリエイティブの質を高め、効果的に用いていくかが問われていきます。

クリエイティブは明度、背景色など何十パターンもテストする

通販においてクリエイティブを作る際には自社で作るというより、制作してくれる会社にお願いして作ってもらうことが多いです。ただ自社で作る場合も他社にお願いする場合も実際に完成させるまでの過程はあまり変わりません。まず広告をどのような方向性にしていくかということです。健康食品や化粧品などのバナー広告を見ていくと、これを飲んだらこんなによくなったというのを説明するものから早く始めないと大変なことになるという脅しめいたものまで存在しています。

方向性を決める際には、例えば面白いデザインにするのか、それとも斬新で新しいものにするのかを決めていき、商品のイメージに合わせる形で決めていきます。別の会社に任せる場合はデザイナーやコピーライターが参加してバナー広告の方向性を話し合い、方針を定めることを行います。業者によっては先方からの情報だけでなく独自に調査を行って、方針に見合ったものを制作します。あとはクリックをしたくなるようなものに微調整をかけていけば完成です。

完成といってもあくまでも1つのパターンであり、これをたくさん作らないといけません。明るさや背景色などによって効果に影響を与えることからいくつものパターンを用意し、その中でテストを重ねて最終的に1つを決めていきます。校正なども行っていきますが、業者によっては校正の回数を制限し、決められた回数の中でよりよりものを決めていくような流れで仕上げて本当に完成です。

またクリエイティブにはバナー広告だけでなく、折込チラシも該当します。これまでに作った折込チラシをチェックしてもらい、審査をしてくれるところも存在し、消費者目線になっているかなどを判断してくれるので助かります。本来こうした広告はそれだけの時間や手間をかけて作っていかなければならず、改善ポイントを出してくれてそれに合わせて変えていくというのも1つのやり方です。色の違いや明るさのちょっとした変化が売り上げに大きな影響を与えます。

その一方で、バナー広告といってもパソコン用とスマートフォン用で違います。スマートフォン用のページにポップアップをさせるように表示させることもあれば、スマートフォンの画面に合わせて横長に表示させるケースもあります。パソコン用とスマートフォン用で統一させる場合にはその色味を改めて変えていくことも大事になります。これらのテストを何回も重ねていき、最終的なものを決めていきます。

効果的なクリエイティブを探す画像分析Creative Analyticsで売上を最大化

クリエイティブの効果やソーシャルメディアにおける反響を分析するために近年登場したツールが存在します。それがCreative Analyticsです。Creative Analyticsは画像分析を行うツールであり、広告画像のデータとその広告画像による運用結果を学習していくというAIです。それによって、効果の高かった広告画像がどういうものかを認識するだけでなく、運用結果を分析し、客観的にクリエイティブを判断していくことができます。これによって利益最大化が狙えるようになっていきます。

Creative Analyticsが与える影響はそれぞれにあります。例えばクリエイティブを制作する側からすれば、背景色を変えて何パターンもクリエイティブを制作し、それを提示し校正するという作業が減ります。そうすることで時間短縮につながり、広告効果もわかるようになるので負担が減るのが特徴です。またCreative Analyticsを通すことで事前のリサーチ結果がある程度わかるようになります。戦略が立てやすくなることでより効果的なやり方を見つけやすくなるのも魅力的です。

一方でAIを使って効果予測が出ることから、主観的な制作から客観的な制作へ変えていくことができるのもポイントです。クリエイティブ制作では主観的な感覚で判断をしようとする人が多く、依頼者側のわがままで違う色を主体にしたものが使われることもあります。Creative Analyticsを使えば、例えば依頼者側のわがままで別の色を使ったとしても、効果予測で明らかな差が出れば、うまく説得でき、最終的に製作者側の意に沿ったものを提示できるようになります。

実際に分析できる中身についてですが、まずラベル分析があります。ラベルとはバナー広告に表示されているテキストの部分です。自動でカテゴライズを行ってくれるため、マッチング率を上げることができます。そのテキストに関しても、企業ロゴの大きさやバナー広告に占めるテキストのサイズなどを調べて、どのような効果を与えるかを教えてくれます。これらの分析を経て、バナー広告に入れるテキストに細心の注意を払うことが可能です。

次に色彩構成比率ですが、色などをデータ化し、色の組み合わせを数値にしていきます。そして、もっとも効果的な色の組み合わせをリサーチし、AIが提示してくれます。これによってその色を主体にした広告を作り上げていくことが可能になります。色々なものをデータ化させてくれるため、それによってデータベースはどんどんと膨らんでいきます。これに関連付けるように運用結果を結び付けていけば、どのようなバナー広告が効果が高いのかというのがおのずと分かってくるようになります。

配信前に効果が分かるため、バナー広告を出してから微調整をかけていくのではなく、毎回Creative Analyticsで調査を行って微調整をかけていくことで余計な手間や費用が必要なくなります。実際に効果を調べるには、運用しながら調べていくやり方でしかできませんでしたが、これなら簡単に調べることがなく、売上最大化に向けた動きも簡単になっていきます。

最初から完璧なものを作れるはずがなく、どこかに改善すべきポイントがあります。それを端的に示してくれるのがCreative Analyticsのいいところであり、これまで主観的な判断しかできなかったクリエイティブの製作現場が大きく変わりつつあります。

クリエイティブのまとめ

クリエイティブ作りは難しいものという認識がある中で、Creative Analyticsのようなツールを使えば難しくないことは明らかです。特にこれまでは感性やセンスなど言葉にしにくいものに頼っていたものがツールを使えば誰でも判断を下せるようになり、その点では進化を遂げていると言えます。実際にバナー広告を設置する場合でもどのように設定すればいいかなどもツールに任せればいいため、これまで大変だと思われていたクリエイティブ作りも時間や手間を無駄にせず行えるようになりつつあります。

その一方で、これまで感性やセンスによって作ってきた側からすれば脅威であり、ツールを導入したかしていないかで売上が大きく変わるような状況を迎えており、今後そのあたりの巻き返しも考えられます。単品リピート通販でバナー広告を用いる側からすれば、効果的なものを提供してくれればそれでよく、それでいて安い値段でやってくれれば最高です。SNSにバナー広告を出す場合には見た目にもいいものが好まれるような時代になっています。

多くの人の注意をひきつけるものがいいのか、それとも、載せられる情報を目いっぱい載せる代わりに色合いに気をつけるのかなど、考えるべきことは段々と細かなものへとなっていきます。またクリエイティブだけでなく、Webページやランディングページとセットでクリエイティブを考えるケースも増えており、トータルでの設計を考えなければならない時代を迎えています。