越境ECでも単品リピート通販のビジネスモデルは成功するのか?

単品リピート通販における「越境EC」について

インターネットで国際的に商品を販売する越境ECは、単品リピート通販において注目され、その背景は国内に留まらない市場規模で、次第に対象の国や地域が拡大している状況です。また越境ECはアジア圏でも普及している傾向で、日本と地理的に近い台湾でも人気が高まっています。日本の商品を好む人が多い台湾ですから、一国としての市場規模は控えめでも注目される市場です。

一方ではインターネットの利用者が増えて、国際的なECのハードルが下がったのもポイントです。言葉という壁は依然としてありますが、それ以上に海外の商品を手に入れやすいことが魅力的で、単品リピート通販は、他では手に入らない物が買える利点があります。しかも定期的に商品が手元に届くので、繰り返し注文する手間がないのも、この販売方法における優位点です。

越境ECは今後も拡大する可能性を秘めていて、挑戦してみる価値がある市場となっています。親和性の高い商品を厳選して越境ECに挑戦した場合、単品リピート通販のビジネスが成功する可能性は十分にあり大切なのは市場規模だけでなく、国柄の背景や利用者拡大の可能性をリサーチすることです。ニーズは国によって異なるので、その点を踏まえてビジネスに参入する必要があります。

越境ECでも日本と同じように顧客は毎回受け取ってくれるのか?

越境ECは習慣の違いに敏感で、国によっては軌道に乗せるのが難しくなります。定期的な配達を行う単品リピート通販では、顧客が毎回商品を受け取ってくれるのかが懸念事項の一つです。日本では受け取り率が高いので、単品リピート通販が成功しやすい土壌があります。逆に難しいとされるのは中国で、習慣の違いから受け取ってくれる確率は低めです。

いらない物は自分が注文した商品でも受け取らない、あるいは要らなくなったら受け取りを拒否するなどです。中国では、輸出入の療法で越境ECが盛んなので、日本からの販売でも参入できる余地は存在しますが単品リピート通販となると、ハードルは上がって急に難しい状況になります。顧客に商品を受け取ってくれない、これはビジネスにおいてコストや改善の必要がある問題点で、返送された商品は、発送ルートを遡って発送元に送り返されます。受け取り自体にコストが掛かりますし、拒否の理由を確認したり再送を求めるか尋ねる手間も発生します。再送の際には送料が必要になるので、このコストも考慮した上でビジネスモデルを確立することになります。

再送で二度目の受け取り拒否があれば、顧客との関係性を維持するのは難しくなり、今後の販売を再考する必要性が高まります。対応如何では顧客の心象が悪くなり、お店に悪評が付けられる懸念も少なからずあります。中国では情報伝達のスピードが速く、評価は瞬く間に市場全体に広まり商品が気に入られたり、毎回問題なく受け取られればトラブルはなくなります。ただ習慣の違いで受け取りがいい加減になる、または気難しい人もいて対応のハードルが高いのが中国市場の特徴です。中国に向けて越境ECを検討するなら、これらの習慣の違いを理解して取り組むことが不可欠です。

どうしたら受け取ってくれるか、返品が避けられるかなどを考えるのが先決です。単品リピート通販での参入や成功が難しい市場なのは間違いないので、日本と同じやり方で挑戦するのは無謀というもので、習慣の違いは中国に留まらず、同じアジア圏でも国によって違ってきます。これがヨーロッパや他の国ともなれば、更に習慣の違いが色濃くなって問題の対処も難しいものとなります。

それでも挑戦することは可能ですし、上手く行けば巨大市場で大きなシェアを獲得することができます。難しいという事実は依然として変わりませんが、チャンスの可能性はゼロではなく、懸念事項を考慮しても魅力的な市場なのは本当で要は軌道に乗せるまでのコストを許容できるか、その判断が企業や販売者に問われます。つまり受け取ってもらうこと自体がコストなので、日本と同じように上手く行くのが理想ですが、コストの増加は避けられないです。化粧品には大きな税が課せられるので、顧客の支払う金額が日本国内より高くなり、受け取り拒否率が上がる傾向があります。

健康食品類は低い税率に収まっていますから、取り扱う商品選びも受け取りの問題と同様に重要な要点です。

日本のビジネスモデルで越境ECが成功している台湾について

日本の越境ECビジネスモデルが成功している例には、台湾という注目に値する事例があり、人や文化に関する許容度が高く、企業の現地法人も受け入れられています。現地の店頭には日本の商品が並び、当たり前のように目にすることが多い、そういった国です。ベトナムやタイなども上手く行っている傾向ですが、特に台湾は頭一つ分抜けている成功モデルです。

成功例における共通点の一つは親日国で、訪日観光客が多いといった特徴にも結び付きます。訪日は日本の良さを知ってもらうチャンスな上に、帰国後の越境ECやリピートが発生する可能性を高めます。帰国後に伝えられる日本の評判は噂となって、もっと広まったり好印象が与えられる結果に至り、これらは親日国なので、元々日本に対する良いイメージを持っていますが、訪日によってより良い印象が強まっている傾向です。

越境ECが成功している国々の中でも、台湾は地理的に近くて訪日観光客が多い親日国で、現地においても日本の商品やCMを目にする機会が数多くあります。ベトナムもタイも比較的親日国ですが、この国はもっと上回って熱狂的だといえるでしょう。商習慣的にも台湾は似ている部分が多く、物流の発達も相まって越境ECが上手く行きやすいわけです。

最初から好印象を持っている人が多数派で、商品の質や魅力を素直に認めてくれるのが良いところで国内のビジネスモデルが適用しやすく、他の国よりもリスクが小さくハードルは低いです。ベトナムとタイは日本との距離があり、物流システムにも違いが存在しています。親日国ではありますが、参入のハードルは少し高く台湾ほどの成功例でもないです。

台湾はいわば成功例における特殊な事例で、地理と親日国の条件が重なった結果、越境ECのビジネスモデルが確立しています。物流の親和性も好条件の一つで、上手く噛み合ったからこそ成功事例になっているのです。EC利用が盛んで単品リピート通販に抵抗感がない、これも見逃すことのできない成功事例の注目点で台湾では化粧品に関する注目度が高く、新商品に対して敏感さがあります。

日本の商品にも常にアンテナを張っている傾向なので、日本製というだけで優位性が得られます。健康食品の人気も高まっていますから、越境ECで売りやすい市場なのは間違いないでしょう。優れたリピート率にも期待できるので、次々に参入者が増えて成功事例が増えていますし、現地の消費者はブランドを重視しており、製造国やメーカーと共に名前を大切にします。

日本でお馴染みのブランドは現地でも浸透しているので、越境ECとの相性が良いというわけです。現地で販売されていない商品が手に入る、プライベートブランドの商品を買えるなどは、越境ECだからこそ実現できる付加価値です。品揃えは限定的なので、そこは商品の魅力を高めたり人を惹き付ける必要はあるものの、ブランドが気に入られ浸透すればリピートに期待できます。

自社商品を取り扱うビジネスモデルですから、低価格競争に巻き込まれにくく、ブランド価値を守ることができます。消耗品であれば自然とリピートが発生するので、親日国に向けたビジネスの手法として一考の余地がありベトナムとタイなどの国に関しても、成功事例と同じく上手く行く可能性を秘めます。訪日観光客や親日国という共通点はあるので、残りは物流システムの充実と、越境ECのビジネスモデルが受け入れられるか否かが焦点です。

地理的な距離感は解決できませんが、インターネットやECが当たり前になったことで、以前よりもビジネスの参入が簡単になっているのは事実です。成功の先例はありますから、台湾の例を参考にしつつベトナムやタイの市場で挑戦可能ですが、既存のビジネスモデルが適用できるとは限らないので、その部分はお国柄に合わせて柔軟に形を変えることが必要です。

日本語に魅力を感じる人が少なくないので、国内で販売する商品の表記はそのままに、繁体字の説明を選べるなどで追加するのが良いやり方でアフターサポートに対する期待感が高いですから、サポート窓口を充実して対応するのも、越境ECの成功に欠かせないコツです。

「越境EC」のまとめ

越境ECはお国柄に合わせて参入を行い、ニーズに応えて消費者を取り込めるかが肝心です。市場規模が国内より大きい国は多数存在するので、ビジネスチャンスは常に目の前にありECだけに限定すると、市場規模は益々広がる傾向で参入や競争が盛んになっています。急激に広がる注目市場なので、手を拱いていたり参入の判断が遅れるのはもったいないことです。

ただし国によってはリスクが高いですから、参入対象選びと販売やサポートの仕方が重要になり消費者を上手く取り込めるか、それはビジネス全般において企業や販売者の外せない目標です。国内と違って越境ECが上手く行きにくいのは、国の文化や習慣に大きな違いがあるからです。日本に似ている国では成功しやすく、反対に違いが多いほど対応が難しくなる点が証明しています。

大きなチャンスは目の前に転がっている、でも思った通りに行かないのが越境ECの難しさでインターネットは世界規模で普及済みで、ECも消費者の間で普及したり浸透しています。単品リピート通販においては受け取りが問題ですが、中国は習慣の違いから拒否や返品率が高めですが台湾の成功事例はこれからの越境ECに役立つモデルで、参入を考える際に必見です。

同じアジア圏や似ている国同士でも、選択一つで参入の難易度は大きく左右されるものです。越境ECはインターネットを使った通販なので、始めるだけなら誰にでもチャンスが与えられますが実際はお国柄や習慣に影響される部分がありますから、軌道に乗せる為には条件やノウハウが必須です。越境ECで単品リピート通販の成功事例は既にあるので、成功の可能性自体は決して低くないといえます。