単品リピート通販における「SWOT分析」とは

単品リピート通販における「SWOT分析」とは

SWOT分析は、目的を達成するにあたって内部と外部の良い点と悪い点を把握するために行われます。内部の良い点はStrength(強み)として活かすべきプラスの要素です。逆にマイナス要素としてはWakness(弱み)で克服しなければいけません。外部の強みはOpportunity(機会)で、逃さないようにしなければいけません。マイナス要素はThreat(脅威)なので回避するようにします。

単品リピート通販の強みは、リソースが少なくて済むことです。弱みは、単品に頼るしかないためにリスクが大きいということです。ニーズのあるものであれば集中して販売することでシェアを拡大できる機会がありますが、飽きられた場合には、回復できない恐れがあるという脅威があります。そのため、なるべく息の長い製品でニーズが高いものを取り扱うようにして、最小限のリソースで辞めどきをしっかり決めておくと言う戦略が立てられます。

この場合、マーケティングにかける割合を多めにすることが重要で、良いものが見つかるまでは取り組むべきではないと考えます。しっかりとした根拠に基づいて商品を選んで始めることで機会を活かし、脅威を回避することができます。

組織で使用するSWOT分析で新規商品で評価してみる

新規製品を取り扱う時にSWOT分析を利用すると失敗が少なくて済みます。取り扱おうと思っている製品ごとに4つの要素を考えます。まずは商品分析によって強みと弱みをリストアップします。できる限り自由に考えて幅広く検討して構いません。この時点で漏れがあると正確な分析ができなくなります。どのような些細なことでも書き出していきます。通常物事は両面性があるので、良い点は違う見方をすると悪い点になるはずです。そのようにして、いろいろなことを考えて、良し悪しによって振り分けます。

機会と脅威については、マーケティング によって状況を把握します。自社の従来品であったり、他社の競合する商品についてどのような状況か調査します。どのような条件なら売れるのか、なぜ売れているのかを究明し、できる限り多く書き出すことが重要です。この時に想定した機会は、その後のプロジェクトの大きさに左右してきます。そして、販売に対して障害となるものを考え出します。それを脅威としてリストアップすることで、どのような対策を必要とするかがわかります。

新規製品は、良いところが多く浮かびますが、弱みについてはなかなか浮かびません。特に技術者など開発に携わった人たちは、なかなか悪く考えないため、全く違う立場の営業や業務の担当者に意見を求めると効率良い分析をすることができます。場合によっては試作品などを使って消費者の意見を収集することも重要です。消費者の生の声は、商品の強み、弱みとして使うことができるとても貴重な情報源です。また、マーケットリサーチは、機会と脅威を把握するために適用可能です。ニーズの高い製品は多くの機会を生み出します。競合他社が多く存在する商品は、それだけ脅威か多くなり、参入するメリットが少なくなります。

このようにSWOT分析をした結果、それぞれの要素に書き出した項目に対して対応を決めて行きます。強みを活かして弱みを克服するための方法や機会を活かして脅威を回避することができるようにコメントを書いて行きます。そこに書き出されたコメントが戦略として使うことができる情報となるはずです。そして、そのために必要なリソースを考え、実現できる状態を構築して行きます。全てがまとまったら、それに対して実現可能な目標を立てましょう。実施した後で、再分析をして最初の結果を評価します。それによって分析の良し悪しが確認できるため、次回の開発の時に役立てることができます。

客観的に見えてくるSWOT分析でどのように改善したらよいか

SWOT分析は戦略を立てる時に使うことができるフレームワークの一つです。4つのカテゴリーに分類して内部環境と外部環境について分析し、強み、弱み、機会、脅威を知ることができます。ただ、目的について、書き出すだけの作業なので誰でも行うことができるため、広く使われるようになりました。特に新たな知識やリソースを必要としないので、思いついた時にすぐに利用することができます。すでに扱っているようなものを分析するよりも新規商品 を取り扱う時に事前に行うと有効とされています。

SWOT分析を利用するメリットは、物事を俯瞰して見ることができて客観的な判断をすることができるからです。頭の中でわかっていることでも、実際に書き出して見ないと漏れがあったり偏りがあったりします。特に自分のことは良い点や都合の良い機会を考えがちで、悪い点や脅威についてはおろそかになってしまいます。そのため想定外の自体が起こり失敗することがほとんどです。冷静に見つめなおすことができれば、そのような事態を避けることができます。

もう一つのメリットとして、情報を共有できるという点です。同じ組織でも人それぞれ考えていることは異なります。人によっては脅威と感じていることが、他の人にとっては機会と捉えられていることもあります。それを同じ目線で整理することができれば、同じ方向に向かって進むことが可能です。

SWOT分析で弱みとしてあげられる項目は、組織自体の弱みであることがあります。何度か分析を行うと決まって弱みに書かれる項目を改善することで、組織の底上げにもつながって行きます。そのためには、それぞれの分析を比較して見ることも重要です。結果として、脅威として考えられていた項目が減っていくことも考えられます。

そして最も重要なことは、分析結果を見直すという作業です。ある程度時間が経ったら分析した結果と実際の状況を比較して検証します。そして、その差について原因を究明します。もし、分析不足だった場合には、次回漏れがないように注意して行った方がいいでしょう。特に外部環境については、明確な情報を入手することは困難です。分析結果を見直すことで情報源の信頼性や無駄な調査を知ることができます。次回から無駄なものを省いて、効率の良いマーケティングが行えるように心がけます。SWOT分析を行うこともコストが関わってきます。できるだけ少ない労力で情報を入手できることが重要です。

SWOT分析の結果については、その時々の状況によって対応が変わってきます。一概に方法が決まっているわけではありません。分析は反する事柄を比較しているので必ず相反が起きます。どちらが重要かを見極める必要が出てきます。そのため最終的に重要になってくるのは経営者の判断です。どれを重視して、何を無視するのかを考えなければいけません。リソースによっては機会があっても手を出せないこともあります。全ての機会を活用できるようにするのは有効なリソースを常に使える状態にしておかなければいけません。それは無理なので、必ず限度があります。どれを採用するかは、経営者に委ねられます。

SWOT分析はフレームワークであって、それだけで答えが出ることはありません。分析の結果から目標や戦略を決めるのは組織であって、分析方法ではありません。結果を把握してできるだけ高い効果が望める方向に組織の舵を切ることが求められます。

SWOT分析のまとめ

新規商品を扱う時に戦略や目的を決めるために有効なのがSWOT分析です。組織の状況を俯瞰し、客観的な判断を策定することができます。分析によって、脅威、機会、強み、弱みをオープンにして情報の共有を行うと、組織としてのまとまりを持つことが可能です。

もし、分析結果に複数の選択肢があると判断したら、緊急度や重要度によって重み付けを行います。より緊急性が高く、重要性が高いものを優先的に扱うことで多くの事象が滞ることはありません。ただし、緊急性や重要性も人それぞれ異なります。個人の意見ではなく組織の目標にあっているかと言う視点で検討する必要があります。同じ方向に進んでいると言うことが大切です。

そして、定期的に見直すことで、分析の確度を高めることが可能です。実績が増えてくればそれだけ多くの情報が得られるため、より正確な結果を得ることができるでしょう。また、分析にかかる時間も短縮することができます。短い時間で正確な結果が出すことができれば、とても効率の良い方法と言えます。

SWOT分析は課題の見える化です。はじめのうちは何も浮かばずにうまく行かないかもしれませんが、回数を重ねることで多くの情報を検討することができます。基本的にはフレームワークなのでそれ自体に意味はありません。得られた分析結果をどのように活用するかと言うことが重要です。今後は多くの企業で使われるようになり、共通の方法として全世界と同じ目線で考えられるようになるでしょう。